美術画廊・アートギャラリー

2013年9月 8日 (日)

『栄リアリズム・コンプレックス「THE 7 SENSES 2+」-7つの感性-』@名古屋

Mark_nagoya

先日、雑誌「アートコレクターズ」掲載記事をご紹介させていただいた

『栄リアリズム・コンプレックス「THE 7 SENSES 2+」-7つの感性-』が始まりましたhappy01

「リア魂」の愛称で知られる今展は今回で2回目。

新メンバーも加わった7人の若手作家の感性が光る展覧会です。

Rotkappchen

 ↑浅村理江「Rotkappchen」10号

まずは地元作家の浅村理江さん

光の柔らかさが魅力です

作品名はドイツ語で「赤ずきんちゃん」

1

 ↑山内大介「バラ」10号F

こちらも地元在住の山内大介さん

素朴な中にも力強さが感じられます

Photo_2

↑谷口朋栄「水滴の鼓動と隠れん坊」6号F

新メンバーの谷口朋栄さんは、

流れるような筆遣い、白い肌や瞳が印象的な少女がイノセントな雰囲気

Love_is1_2

 ↑樋本博人「ラブ・イズ-Love is」6号F

こちらも新メンバーの樋本博人さん

リアルな女性像を描いた作品は、アクセサリーと視線が印象的

Photo_3

↑ 光元昭弘「余白にある…君と君の時」10号P

昨年に続き出品メンバーの光元昭弘さんは

写実でありながらも不思議な世界に誘われるよう!

Photo_4

 ↑小森隼人「窓辺の苺」10号P

小森隼人さんは超リアリズム!

それぞれの静物の素材感が見事に表現されています

Make

 ↑今井喬裕「make」10号F

最後は、海外でも評価を高めている今井喬裕さん

幼さの残る少女の、少し影のある表情が魅力的です。

渋い色彩にも注目!


もちろん今展のキュレーターである丸山勉先生の作品も展示中です!

ぜひ皆様のご来店をお待ち申し上げております! 

「栄リアリズム・コンプレックス『THE 7 SENSES 2+』-7つの感性-」

2013年9/4(水)〜9/10(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階第3画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)



 

2013年9月 4日 (水)

小川裕嗣 陶展 @ 京都

Mark_kyoto_2

Photo_9

来週9/11(水)から、「小川裕嗣 陶展」を開催いたします。

121_1

Photo_6

 

226

 

三代小川長樂の長男として生まれ、

京都の地で日々様々なことを感じ、学ばれている小川先生。

まもなく、初個展の幕が上がります。

Photo

_s9w7822_2

Photo_4

展覧会直前までつくり続けられるという、酒呑。

これは素地の段階。

さてさて、どんな作品になって会場にお目見えするのでしょうか。

『この度、大丸京都店のご厚意で初個展を開催する運びとなりました。

 地元京都からの船出、

 若輩の一漕ぎをご高覧ご批評賜れば幸いと存じます』 小川裕嗣

いつもとても謙虚な小川先生。

しかし・・・能ある鷹はいままで爪を隠していらっしゃいました。

満を持しての初個展。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

「小川裕嗣 陶展」

2013年9/11(水)〜9/17(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階美術画廊 TEL 075-211-8111(代表) 

 

2013年8月30日 (金)

リアリズム・コンプレックス@名古屋

Mark_nagoya

9/4(月)から名古屋店第3画廊にて開催の

「リアリズム・コンプレックス」

がアートコレクション9月号に掲載されています。

記事はこちら→  13ac09.pdfをダウンロード

アートコレクターズHP こちら

会期中のご来場、お待ちしておりますhappy01

2013年8月24日 (土)

ユリ・クーパー展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

箱や鉛筆、スプーンといった身近にあるシンプルなテーマと

絵具を塗り重ねた深みのあるマチエールが印象的な「ユリ・クーパー展」。

3

 ↑「鉛筆」油彩30号 税込3,990,000円

3_3

 ↑「にんにく」木箱・油彩 30×16cm 税込1,050,000円

古い木箱に油彩とコラージュで制作された作品。

ドラキュラ退治にも使われるように魔除けアイテムとして有名なにんにくですが、

こちらの作品も実際に作家宅の台所に置かれていたとか。

3_4

 

 ↑「エスタンポロジア」リトグラフ(32枚セット)21×16cm 税込682,500円

2

 ↑額装例

ユリ・クーパー自身の造語と思われるタイトルのついたポートフォリオには、

幼年期を過ごしたモスクワの記憶と

自らの足跡を描いた32枚のオリジナルリトグラフが収められています。

作家本人が彩色を手掛けたハードカバーにも注目です。

会場にはご紹介したもの以外にもメタルでコラージュした作品や、

なんと“塩”で仕上げた作品まで見られます。

説明のないストレートな表現ながらその独創性や秘められた力強さに

思わず作品に引き込まれていくようsign01

ぜひ会場でご覧下さいませ。

「ユリ・クーパー展」

2013年8/21(水)~8/27(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)

 

 

 

NEO-UKIYOE展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

ただいま開催中の「NEO-UKIYOE展」では、

日本の伝統的な木版画によって制作された約50点の作品を展示中ですhappy01

7

 ↑山藤章二「名人六花撰/桂文楽」 木版画 ED200部 税込47,250円

7_2

 ↑山口晃「新東都名所 東海道中 日本橋 改」 木版画 ED150部 税込126,000円

今回の「NEO-UKIYOE展」では、木版画の伝統継承に協力賛同した

著名なイラストレーターやデザイナー達による作品が数多く見られるのも興味深いところ。

5

 ↑和田誠「六星座/ノーリターン」 木版画 ED200部 税込472,500円

ちなみに、こちらは世界的な銀幕スター達を描いたシリーズのうちの一点で、

モデルとなっているのは女優のブリジッド・バルドー。

4

 ↑黒川紀章「風化」 木版画 ED100部 税込84,000円

建築家・黒川紀章氏によるドローイング作品も。

江戸時代から300年以上も続く木版画。

その伝統的技術を支える彫士、摺士との結合によって生み出された表現技法からは

不思議な柔らかさや暖かさが感じられます。

「NEO-UKIYOE展」

2013年8/21(水)~8/27(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)

 

 

 

乃村豊和 洋画展@名古屋

Mark_nagoya

今週の松坂屋名古屋店第2画廊は、

今展が3年ぶり4回目となる乃村豊和先生の個展を開催中ですhappy01

Photo_6

 ↑「林檎を持つバレリーナ」15号F 税込1,039,500円

乃村先生の作品は、無垢で可憐な表情の少女が印象的です。

Photo_7

 ↑「小休止する白い鳥(バレリーナ)」0号F 税込126,000円
 
ずっと描き続けてこられたバレリーナは、儚げな雰囲気が美しいですね。

Photo_9

 ↑「湖畔の白鳥」8号F 税込567,000円

Photo_10

 ↑「花占い(春の里)」8号F 税込567,000円

また、今展では日本の情緒溢れる風景を描いた作品も出品されています。

着物をまとった少女のしっとりした表情はどこかノスタルジック。

Photo

 ↑「禁断の果実(楽園のエヴァ)」SM 税込210,000円

沢山の色の重なりが幻想的ですね。


会期中は乃村先生が毎日ご来廊!

ぜひ松坂屋名古屋店にお越し下さいませ(K)

「乃村豊和 洋画展」

2013年8/21(水)~8/27(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階第2画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

 

 

2013年8月16日 (金)

もしもの世界・・・ 八幡朋子 洋画展@京都

Mark_kyoto_2

84_2

 ↑「象と泳ぐ」 アクリルキャンバス 3号F 税込63,000円

8/21(水)からは、八幡朋子先生の展覧会が始まります。

『曖昧な記憶の引き出しをあけ、

 とりとめもないものを拾いだして描いています。』 八幡朋子

●八幡朋子 略歴

1973年 成安女子短期大学意匠科研究生終了

2001年 行動展出品

2005年 京展入選(以後3回入選)

2006年 行動展において 奨励賞 新人選抜展出品

2009年 同展において 深見隆賞

2010年 同展において 損保ジャパン美術家財団賞

     損保ジャパン選抜奨励展出品

現在  行動美術会委員

84_5

 ↑「飛行中」アクリルキャンバス 30×30㎝ 税込73,500円

行動美術協会会員・八幡朋子先生の描く世界は奇想天外なおもちゃ箱のよう。

ユーモラスで夢あふれる作品の数々をお楽しみください。

「もしもの世界・・・ 八幡朋子 洋画展」

2013年8/21(水)~8/27(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL (075)241-6861(直通)

2013年8月15日 (木)

日本創作版画展@名古屋

Mark_nagoya

毎年恒例の「日本創作版画展」が始まりましたhappy01

今展では2012年10月に開催された、

(社)日本版画協会主催の「第80回版画展」受賞者の作品を特集しております。

Night_orchestra_soprano

 ↑岡田育美「Night orchestra ~soprano~」水性油性混合木版 税込32,550円

第80回日本版画協会賞を受賞されたのは岡田育美さん。

こちらは小品ですが、もちろん受賞作も展示しておりますsign01

Fix11

 ↑西山瑠依「Fix.11」木版 税込126,000円

第80回A部門奨励賞を受賞された西山瑠依さん。

こちらの作品が受賞作品ですsign01

Dim

 ↑田中智美「dim」銅版、デジタルプリント 税込84,000円

田中智美さんも同じく第80回A部門奨励賞受賞者です。

Ohana

 ↑青山由貴枝 「ohana」エッチング・アクアチント 税込42,000円

独特な表情が特徴の作品を制作される青山由貴枝さんは

第80回新人(立山)賞を受賞されましたcrown

Glory_hole

 ↑瀧本友里子 「glory hole」 水性木版  税込79,800円

瀧本友里子さんは第80回山口源新人賞を受賞。

この他にも、 第80回版画展受賞作家の作品が並んでおります☆

〈受賞作家一覧〉
日本版画協会賞   岡田 育美

山口源新人賞    瀧本友里子、西村沙由里

新人賞A部門奨励賞 田中 智美、西山 瑠依

   B部門奨励賞 榊原 慶

第80回記念賞    野嶋  革

新人賞(立山賞)   青山由貴枝

準会員最優秀賞    寺田 一行

準会員優秀賞(FF賞) 佐藤 妙子

準会員優秀賞(FY賞) 渡邊加奈子

準会員佳作賞(G賞) 細川 郁子、永吉 友紀


もちろんこれだけではありません!

版画の物故巨匠作家から、現在活躍されている俊英作家の版画作品、

そして立体や平面の素晴らしい作品を世に出された作家たちの貴重な版画作品まで

あらゆる逸品が所狭しと並んでおります☆

Photo

ぜひこの機会に松坂屋名古屋店にお越し下さいませhappy01 (K)

〈主な出品作家〉

長谷川潔、浜口陽三、駒井哲郎、池田満寿夫、浜田知明、中林忠良、

渡辺達正、磯見輝夫、河内成幸、星野美智子、小林敬生、多賀 新、

若月公平、伊藤理恵、濱田富貴 ほか(順不同・敬称略)

「日本創作版画展」

2013年8/14(水)〜8/20(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場 

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

夏の屏風・和額バザール@京都

Mark_kyoto_2

今週は、恒例となりました半期に一度の「屏風・和額バザール」。

83_2

 ↑遠藤晃「歌仙絵」四尺二曲屏風 絹仕様

 123×104㎝ 税込252,000円

雅なインテリアとして飾っていただけるお品物を、お値打ち価格にてご用意いたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。 

「夏の屏風・和額バザール」

2013年8/14(水)~8/20(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL (075)241-6861(直通)

2013年8月11日 (日)

美の系譜 絵画・工芸 近代巨匠展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

ただいま開催中の近代巨匠展では、絵画や工芸品など約80点を展示中ですhappy01

日本を代表する近代の巨匠たちによる名画や名品が揃い、

会場は実に壮観の一言shineshineshine

6_3

 ↑鳥海青児「牡丹」油彩27.2×21.0cm

6_2

 ↑林武「赤富士」油彩24.0×27.0cm

4_2

 ↑小磯良平「人形」油彩8号

2

 ↑片岡球子「めでたき御殿場の富士」 日本画12号

“片岡球子といえば富士”といわれるほど多くの作品を残していますが、

こちらの富士は背景にプラチナ箔をあしらい、

松竹梅に加えて桜が描かれており、文字通り“めでたさ満載”の貴重な作品。

1

 ↑黒田辰秋「拭漆欅手筥」 共箱 

削り出された曲面のなめらかさと、生うるしを何回も摺り込む拭漆の技法により

際立つ木目の艶やかな美しさは、ぜひ会場で直接ご覧いただきたい逸品ですsign01

“木漆工芸家”として人間国宝となった黒田辰秋ならではの

卓越した技術と魅力が溢れています。

Photo

 ↑平櫛田中「福聚大黒天尊像」 共箱

齢百歳を超えてもなお現役として活躍した平櫛田中。

まさに日本彫刻界の巨匠である田中は数多くの教訓や名言を遺したことでも有名です。

ちなみにこの共箱の裏書にも

「このつちはたからうちだすつちならで  のらくらものヽあたまうつつち」

との遊び心ある貴重な注釈が・・・。

8月20日まで開催中。ご来場お待ちしております。

「美の系譜 絵画・工芸 近代巨匠展」

2013年8/7(水)~8/20(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)