美術画廊・アートギャラリー

2013年6月26日 (水)

「末冨綾子レリーフ展」@ 名古屋

Mark_nagoya

今週の松坂屋名古屋店第2画廊は「末冨綾子レリーフ展」。

京都とパリを往復しながら、視力を失ってもなお意欲的に制作活動をされている
末冨綾子先生の当店初個展ですhappy01

Photo_5

 ↑「楽園」30号M 税込661,500円

蝋を塗り込んだロープや凧糸などを使って
石膏で固めた作品は、とってもユニークgood

Photo_6

近づいて見てみると、でこぼこした表面がわかりますね。
末冨先生の指先から生まれる、
全く新しい造形表現ですsign01

Photo_7

↑「ほろ酔いピアニスト」8号F 税込252,000円

画題の通り、気分の良い音色が聞こえてきそうですねnote

Photo_8

 ↑「考えるクロワッサン」0号 税込63,000円

ことばが入った小ぶりな可愛い作品にもぜひご注目下さい!
思わず顔がほころびますwink

Photo_9

 ↑「針ねずみの家」12号P 税込378,000円

Photo_10

 ↑「ピアニストⅠ」3号P 税込105,000円

心の目から生まれる華やかな世界は
本当に心温まるものばかり。

末冨綾子先生は29日(土)と30日(日)にご来廊予定ですsign01
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。(K)happy01

「末冨綾子 レリーフ展」

2013年6/26(水)〜7/2(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)



 

 

 

 

 

「采の会 日本画展」開催中@名古屋

Mark_nagoya

第一画廊は恒例の「采の会 日本画展」を開催中sign01

日本画家・田渕俊夫先生の門下生であり、
その将来が期待される5名の作家が出品されています。

今年の出品作家は以下の5名の方々flair
荒木 恵信
岩永てるみ
柏谷 明美
狩俣 公介
佐藤 真理
(五十音順、敬称略)

ブログではそれぞれの作家の作品をご紹介させていただきますhappy01

3

 ↑荒木 恵信  各50号
 左:「the horizon(めいめいの旅#5)」
 中:「ground(めいめいの旅#3)」
 右:「the Ocean(めいめいの旅#4)」

こちらは荒木恵信さんの作品。
こちらの3点はぜひご来店していただき、
近くで見ていただきたい作品です!
海や大地に重なって浮かび上がるものとは…?

Aquarium

↑岩永てるみ「Aquarium」130.0×80.3㎝×6

地元出身の岩永てるみさんは、
6連作の大作です!

清らかな水の世界が見るものを癒します。

Photo

 ↑柏谷 明美「静寂の森」90×180㎝

こちらは柏谷明美さんの屏風絵。
ひんやりした森の澄んだ空気が伝わってきそう。

Photo_2

 ↑狩俣 公介「閑寂」10号

黒を基調にした中にぼんやりと浮かび上がる、
月が印象的な1枚fullmoon
狩俣公介さんはこのほかに大きな屏風絵もございます。

Photo_3

 ↑佐藤 真理「林檎」20号

赤く実った林檎が瑞々しい作品は佐藤真理さんapple
絹本ならではの優しく繊細な色彩に、ぜひご注目下さい。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております(K)happy01

「第四回 采の会 日本画展」

2013年6/26(水)〜7/2(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

2013年6月22日 (土)

「第二回 古田年寿 日本画展 ー道程ー」@名古屋

Mark_nagoya

今週は当店では第2回目となる
地元愛知県の日本画作家・古田年寿先生の個展を第1画廊にて開催中happy01
Photo_5
「マーメイド 届かぬ想い」220×175㎝ 税込2,940,000円

エントランスには幻想的な大作がsign03
人魚姫の切ないストーリーが
古田先生ならではの視点で描かれています。

Photo_6
 ↑「帰郷」10号 税込735,000円
Photo_7
 
 ↑「思い出の場所」10号 税込735,000円
Photo_9
 ↑「閑日」8号 税込588,000円

作品ひとつひとつが物語の1ページのよう。
あなたはどんなストーリーを想像しますか?

Photo_11
 ↑「枇杷」4号 税込294,000円

枇杷や梨などの夏の果物の作品は爽やか。

静物や動物の作品も
優しさが溢れています。
Photo_13
 ↑「猫」8号 税込588,000

まぁるい身体に
何ともいえない表情の猫ちゃんも愛らしいですねcat


古田先生は23日(日)まで毎日来廊予定。
みなさまのご来店をお待ち申し上げておりますnote(K)

「第二回 古田年寿 日本画展 ー道程ー」
2013年6/19(水)〜6/25(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)

「加藤亮太郎陶芸展」開催中@名古屋

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店第2画廊では
「第三回 加藤亮太郎 陶芸展」を開催中ですhappy01
人間国宝・加藤卓男先生を祖父にもつ亮太郎さん。
美濃の伝統をしっかり守りつつ、
「現代とともに生きるやきものを産み出したい」という想いで作陶をされています。
Photo
 ↑「弥七田織部花入」税込262,500円

漢字をばらばらにして幾何学模様のようにあしらった
弥七田織部のシリーズはユニークgood

有名な漢詩などが隠されています!
解読してみるのも楽しいかもしれません☆

Photo_2
 ↑「練上志野茶盌」税込126,000円
Photo_3
 ↑「志野茶盌」税込126,000円

志野茶盌などはガス窯でやいたものと、穴窯でやいたものがございます。

皆様はどちらがお好みでしょう?

Photo_4
 ↑「さび黒花入」税込157,500円

手びねりで作られたまん丸な形に
マットな肌の「さび黒花入」。

会場には大小様々な大きさが並んでおります。
和室にも洋室にも合う、かっこいい作品ですgood

Photo
 ↑「飴釉茶盌」税込105,000円

こちらの飴釉茶盌はじっくりみていただきたい一点!

赤茶色の飴釉のところどころに青や緑色が混ざり、
本当に表情豊かな作品ですshine

Photo_2
酒呑の種類も豊富なので

ぜひ色々見比べて、お気に入りを見つけてくださいsign03

加藤亮太郎さんは最終日まで毎日ご来廊予定。
ぜひ松坂屋名古屋店美術画廊にお越し下さいませhappy01 (K)

「第三回 加藤亮太郎 陶芸展」
2013年6/19(水)〜6/25(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)

2013年6月20日 (木)

「井口大輔 作陶展」@名古屋

Mark_nagoya

1

手捻りならではのフォルムと釉薬を使わない質感で

陶芸表現の可能性を追求する井口大輔先生の当店初個展ですhappy01

2

↑「№2 彩銹陶銀彩鉢」 税込241,500円

さびついた鉄のような風合いから「銹陶」(しゅうとう)と名付けられた作品。

素焼きした生地にもみ灰をかけ、焼き、磨くことで、

このような肌合いに仕上がるのだそうです。

この質感を最大限に生かすため、限られた色で彩色されています。

3

井口先生の作品は、眺めても、手にとっても、心地のよさを感じます。

4

 ↑「№7 銹変陶壺」 税込283,500円

やわらかな丸みを帯びた造形は、紫陽花を優しく包みこんでいるかのよう。

5

 ↑「№3 鳥」、「№22 鳥」 各税込189,000円

動物の中でも、様々な姿形をもつ「鳥」。

そのとらわれない、自由な造形に魅了され制作された作品です。

6

 ↑「№1 銹陶壺」 税込189,000円

7

井口先生は会期中毎日来廊予定です。

みなさまのお越しをスタッフ 一同心よりお待ちしております。

「井口大輔 作陶展」

2013年6/19(水)~6/25(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)




2013年6月18日 (火)

「竹久夢二展」はいよいよ明日まで。@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

明日まで開催中の竹久夢二展では約50点の作品を展示中。
その中から気になる作品をいくつかピックアップしますhappy01
Photo
 ↑「ハートのクイーン」昭和2年(1927年)木版 税込199,500円
本人著作による最後の単行本となった画文集「春のおくりもの」から、
大正浪漫が感じられる夢二らしいモダンな作品。
Photo_3
 ↑「山・山・山」 昭和2年(1927年)
   婦人グラフ」2月号挿絵 税込273,000円
夢二最愛の人といわれる彦乃を描いた作品。
なんでもタイトルの”山”は恋文の中での彼女への呼び名なんだとか。

また今回のおすすめは、

夢二本人による短編童話や詩が収められた貴重な画文集である

「青い船」からの挿画です。
Photo_4
 ↑「夜のおとぎ話」大正7年(1918年)木版 税込147,000円
Photo_5
 ↑「森の仕立て屋さん」大正7年(1918年)木版 税込147,000円 

子供むけならではのほのぼのとした情感の中に、

夢二のみずみずしい感性が溢れています!!

竹久夢二展」

2013年6/12(水)~6/18(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

松坂屋名古屋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)

2013年6月13日 (木)

「透時~トウトキ~山﨑有美 日本画展」@名古屋

Mark_nagoya_3

松坂屋名古屋店の第3画廊では

愛知県在住の山﨑有美さんの当店初個展を開催中happy01

今展のテーマは「透時~トウトキ~」shineshine

儚くゆらめく刹那なる時や

移ろい透過する景色が表現された作品が並びます。

作品を通して、ぜひ皆様にとっての「尊い時」を感じてください。

Photo_13

 ↑「巡」120号M 税込1,260,000円

ミラーハウスの中に現れた四季折々の風景。

不思議な時空間に迷い込んだような世界が広がります。

Photo_14

 ↑「ポリフォニー」30号F 税込525,000円

ポリフォニー=複音楽。

柔らかい音色が聞こえてきそうな、とても優しい作品です。

Photo_16

 ↑ 「昇華」ダブルSM 税込178,500円

今展で最も多く出品されているのが

ろうそくを描いた作品。

Photo_17

 ↑「生」6号P 税込157,500円

妖しく揺れたり、小さく静かに点っていたり…

ゆらめく炎の光は幻想的で

思わず見とれてしまいます。

Photo_18

 ↑「彩雲」色紙 税込115,500円

<作家来廊日> 6/14(金)午前&午後5時30分時以降、15
(土)、16(日)

           17(月)午後、18日(火)

ぜひこの機会にお越し下さいませhappy01 (K)

「透時~トウトキ~山﨑有美 日本画展」

2013年6/12(水)~6/18(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

「第4回 曽根 茂 油彩展」@名古屋

Mark_nagoya_2

今週の松坂屋名古屋店第2画廊は

今展が当店3年ぶり4回目となる「曽根茂 油彩展」ですhappy01

京都を中心とした日本の美しい風景に

曽根先生自身の心象を重ねて描かれた、

清涼感あふれる作品をご覧下さいませ。

Photo_7

 ↑「秋、静かに」50号M 税込2,100,000円

Photo_8

 ↑「文月の緑山」8号F 税込420,000円

Photo_9

 ↑「水を運ぶ」15号S 税込1,050,000円

土や木、水の香りが感じられる風景は

見ていて気持ちいいですねsun

飾るとお部屋が明るくなりそうです。

Photo_11

 ↑ 「雪桜」12号M 税込630,000円

会場には四季折々の自然の姿が並んでいます。

こちらは大胆なアングルが新鮮な雪景色!

Photo_12

 ↑「暮秋の散歩道」8号変 税込420,000円

ゆったりとした時間の流れを感じられるのもまた

曽根茂先生の作品の魅力です。

<作家来廊日> 6/14(金)、15(土)、16(日)

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げておりますhappy01(K)

「第4回 曽根 茂 油彩展」

2013年6/12(水)~6/18(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-564-3383(第一画廊直通)





「滝口和男展 『陶』-とある風景に佇みて-」@名古屋

Mark_nagoya

今週の松坂屋名古屋店第1画廊は

「陶」が織りなす「空間」を存分に堪能出来る一週間sign03

滝口和男先生の当店4年ぶり5回目の個展ですhappy01


まず画廊に一歩入ると、そこに広がるのはいつもの画廊とは全くの別世界lovely

Photo_2

滝口先生が会場で書き上げた

迫力満点の作品タイトルの島々に浮かぶ

多種多様な姿をした「かたまり」がずらりsign03

Photo_3

全ての作品が、どこかで見たような…、

でも何モノでもないような

全く新しい不思議なかたちをしています。

Photo_4

横から見たときと…

Photo_5

正面から見たとき。

同じ作品でも全然違う表情eye

Photo

作品の下に出来た空間に注目してみるのも

ひとつの楽しみ方です。

Photo_6

外に置いたとき、雨に濡れたときは

色や質感が変化するのもまた面白い!

小さな作品もユニークな形が可愛らしいです。

まるで鉄や石のようですが、

全て陶器!!(花器としてもご使用いただけます)

型を使わずに陶による造形表現の限界に挑戦し続ける

滝口和男先生のパワフルで活き活きとした世界を

ぜひご覧下さいませhappy01 (K)

「滝口和男展 『陶』-とある風景に佇みて-」

2013年6/12(水)~6/18(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第一画廊直通)

2013年6月10日 (月)

「アート・ニューウェーブ展」@名古屋

Mark_nagoya_2

現代アートシーンにおいて、
新たな美を追求する新進気鋭のアーティストから
独自の画風を確立されつつある中堅作家まで、
注目を集める12名の作家の感性あふれる作品の数々を展示中ですhappy01
Photo
 ↑稲垣考二「静物」8号F

地元愛知県出身の稲垣考二さんの作品は
どれも光の表現が美しい!

Photo_3
 ↑加藤良造「風景」15号F

こちらは澄んだ空が清々しい加藤良造さんの作品。
大胆な構図が印象的です。

Photo_4

 ↑安達博文「日々の中」30号F

ユーモラスな人物を描く安達博文さん。
作品の中には作家の日常を描いた絵日記もpencil

Photo_5
 ↑瀧下和之「桃太郎図ノ陸百八 鬼ヶ島でねる。」20号M

コミカルで可愛い鬼や神様で人気の瀧下和之さん☆
今展出品作はお昼寝中の鬼たちです。

Photo_6
 ↑榎俊幸「白鳳図」25号F

榎俊幸さんの作品は物語の1ページの様。
レースのような白鳳の羽根が美しいです。
Prismatic
 ↑小谷里奈「prismatic」20号M

点描で描かれる日本画の小谷里奈さんの作品は
ぜひ細部まで注目していただきたいです!

〈出品作家〉*五十音順・敬称略
安達博文、石田淳一、稲垣考二、榎 俊幸、加藤良造、柄澤 齊、
川口起美雄、菅野秋恵、小谷里奈、瀧下和之、七海 壽、水野 暁

ぜひ皆様のご来店を心よりお待ち申し上げておりますhappy01 (K)

「精鋭作家による アート・ニューウェーブ展」
2013年6/5(水)〜6/11(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)